• ホーム
  • ED体質の矯正にはゼネグラとネファゾドン

ED体質の矯正にはゼネグラとネファゾドン

2019年09月28日

EDの進行が早いと感じる場合、精神疾患が原因になっている可能性があります。
本来、EDは40代から増え始めてくる症状ですが、最近は低年齢化しており20代から発症するケースも見られています。
ストレスが多い環境で生活している方ほど、EDの進行が早いのが普通です。
心因性のEDに悩んでいた男性が、思い切って休職したら完治したというケースもあるほどです。
心の病からくるEDに関しては、休職ほど効果的な対策はありません。

ED体質を矯正するためには、ストレスを溜めやすい性格を改善していく必要があります。
医療機関でED治療を受けるときは、精神安定剤や抗うつ薬などの処方を受けることもあります。
うつ抑制にはネファゾドンと呼ばれる抗うつ薬が効果的であり、心因性のEDに効果を発揮します。
EDは陰茎に問題があって発症するケースは極めて少なく、多くは生活習慣に関連する症状からくるのです。
精神疾患、血行障害などは特に多く、マイナス思考の方、食生活が乱れている方などは特に発症率が高くなります。

バイアグラのジェネリックであるゼネグラは、陰茎の海綿体を元気にしてくれるED治療薬です。
スポンジ状の海綿体に大量の血液を勢いよく送り届けることで、リンゴのように硬い状態にしてくれるのです。
性行為をするのに最も適したペニスの硬度はリンゴであり、リンゴよりもやわらかい状態ならED治療薬を服用してみる価値があります。

ゼネグラには日本で処方されるバイアグラには存在しない100mgがあります。
個人輸入では100mgの販売が多いため、利用する際は分割して飲むようにしましょう。
外国人向けの用量であるため、日本人がそのまま服用すると副作用が強く出てしまいます。
クリニックでバイアグラの処方を受けている方は、現在服用中の用法・用量を守るようにしてください。

関連記事
ゼネグラは個人輸入で手に入る!

個人輸入という言葉をご存じでしょうか。商品を販売目的ではなく、個人が自分で使用するために輸入することです。そして医薬品も個人輸入することができるものがあります。原則として厚生労働省の地方支分部局である地方厚生局に必要書類を提出して、営業目的の輸入ではないことの証明を受ける必要がありますが、個数を限定

2019年08月25日
信頼性のある個人輸入会社の見分け方

ゼネグラなどのジェネリック製品は、インターネットによる通販で購入するのが一番安く買えます。最近では、バイアグラではなくバイアグラのジェネリック製品であるゼネグラを好む人が多いようです。ゼネグラとバイアグラは有効成分がまったく同じです。シルデナフィルという有効成分を使用しているため、効果や副作用が同じ

2019年09月11日
老いによるEDにもゼネグラは効果的?

老いが進んでくると、ペニスの元気がなくなるのは普通のことです。高齢になって20歳と同じ勃起力を維持できるはずがありません。人一倍勃起力が強いという方でも、若いころと比べると確実に衰えているでしょう。硬さが衰えることはもちろん、持続力も低下していくものです。勃起力の低下を最も実感するのは、勃起時の角度

2019年10月16日
ゼネグラは病院では買えないって本当?

勃起機能障害の治療に用いられるゼネグラとは、バイアグラと同等の効果を目的に、バイアグラと同成分のシルデナフィル(クエン酸)を含有したジェネリック医薬品(インド、アルケム社製)です。主成分のシルデナフィルには、海綿体への血流を正常に増加し、勃起をしやすくする働きと、勃起したペニスを萎えさせるPDE5(

2019年08月07日
ゼネグラは値段の安さが魅力的です!

ED治療薬を使うようになるとけっこう出費が大変です。普通の医者でもらう風邪薬とちがって健康保険が適用されませんので、全額自己負担です。また、性行為のたびに頻繁に使うとなると、お金もかかります。そんなことから、最近ではジェネリック医薬品が売れています。今までバイアグラを使っていた人が、バイアグラのジェ

2019年07月24日